空の回廊

独りよがりなWebLog(たまにTemporary)

ワクワク再ブート

昨日はプライベートなHPを再開しました。
いつまで続くか分からないけど(2行目にいきなりネガティブ)、気持ちとしては
趣味が出来る事、趣味に少しお金を掛けられる気持ちが結局大事なのではと思って…思いたい…のでそういう環境を維持していく予定です。

でもホームページ自体にこだわってしまうと、中身に手が回らないのと、HPが完成してもまた作り直したくなっちゃうので、
この機会に簡単HPサービスでの運用を試してみました。
お仕事でもいくつかサービスを試したけど、ここが一番簡単で楽しかったので気に入って&もう少し勉強がてら有料プランにしてみました。
色んなフォントが選べる…!

works.euraum.com


独自ドメイン関係の操作は…専門外なので毎度おっかなびっくりですが、無事できました。
サブドメインについてのヘルプがもう少し欲しかったけど)
(サブディレクトリでの運用もちょっと心が動いたけど、とりあえずこのURLでやってみたいと思います)

肝心の中身は…無駄にスペースをとってる作品が痛さで輝いてますね。。
今回の再開に合わせて非公開にしてた作品を再公開&一部セリフを手直ししました。
詩がやや型にはまりすぎてるけど、結構好きです…

色んな複雑な思いを言語化できませんが、
やだなーと思ったら引っ込めて。。好きにやればいいかなぁと
ワクワクしてる自分と冷めた自分の2人の自分と相談してやっていこうと思います。

準備中

久しぶりの日記です。
久しぶりに見て、前回書いた記事が目に飛び込んできて、
「随分小難しい事言ってるなぁ 私の面倒な部分が出てるよ…」と思いましたが、ちょうど世間的にも色々ザワついていた頃だから…なのかな?

さて…不本意な事情で荒れ地…いや虚無空間状態になっちゃったプライベートのホームページですが、ようやくワクワクした気分で向き合えるようになり、コツコツ作ってます。
厳密にいえばレンタルサーバーの方は虚無空間のままなのですが…。(今日ちょっと勉強で少し活用しましたけど…)

とりあえずホームページ(土台)を作って、その後あるものの書籍化プロジェクト(おおげさ)に進んでいけたらなと…。



最初は不本意な理由で放置状態でしたが、段々趣味やのそのホームページに注ぐ情熱を、仕事で作るホームページに掛ける方が楽しくなってたんですね。
技術的に…(多分) 後は勉強・実践することが多すぎてしんどかったとか…

今もそういう部分は大きいし、仕事のフェーズによってまた時間が思うように割けないかもしれないけど
でも、もう少し趣味に割くのも増やしても良いかもしれません。

今後の事を考えると、WEB制作のスキル以外の部分も何か見出しておきたい、そんな気持ちもあります。
どこまでついていけるか分からないですし…

…と言いつつ、そう思って以前、手描きPOPの通信講座を始めて手を痛めて仕事にも支障が出ちゃった過去があるので何とも言えませんが。。!

そんなこんなで新しいホームページも近々公開出来たら or 進捗をこうやって書けたらいいなぁと思います!

背面へ・前面へ

昨日ふと思ったのは、

1)自分の感覚や感情とは別に、他者の「不安・怖い・悲しい」と言う感覚を想像してしまう事でしんどくなって、それが「最前面」に来ているのかも。

デザイナーとか誰かの為に、を意識してる人はそういう人多いかもしれません。

2)新しい朗報はいつも入ってこない、今出来る事が決まってるなら、自分で情報をある程度シャットアウトしなくては自分が「しんどい」で満たされてしまう。

癖や環境でどうしても完全には出来ないけど(それ故に必要そうな情報は入ってくる)、情報の調整を意識することが大事かなと…。


仕事の不安もあるけど、この現状がすぐには変わらない。
そして、1)を背面に追いやって行けて、2)で自分のペースを保てたなら何を前面に考えたいか…それは

自分の次の10年で築き上げたい事、「A)誰かの求めてるものを作る」だけでなく、「B)自分の作りたいもので稼ぐ」の柱の強化…その為のスキル磨き などで、

それをするなら今なのだと…


デザインの勉強、ストック素材の開発強化…などなど
不安に駆られてる時間を自分の能力開発に繋げていけたら理想かな。

それはそれでそのマイペースさを周りから見たら…と考えてしまうけど、それもある意味 1)と同じなのかも。

プライベートでは、自分の想像の中で留まってるキャラをもう少しだけ日の当たる所に出してあげたいかな。
自分の「個」としての未練があるとしたらそこかな。。


ネガティブになってもポジティブな考えも持てる時・分野もあれば、それが出来ない時・分野もある
また、医学や薬の知識も私にはない

上手く言えないけど、過剰に何かをするのでなく、たまに自分らしく誰かを笑わせつつも、密かに淡々と過ごしていく事が大事なのかな……?と思ったのでした。